AtoZ

山梨・東部富士五湖/地域の誰もがプレイヤー「やりたい!」想いをカタチにするサポート!出逢い、かかわり、ともに生みだすよろこびを。

都留文サークルの新入生歓迎会!

今夜は都留文科大学の「障がい交流サークルいこい」の新入生歓迎会を、地域の大人も交えてAtoZにて。今年はコロナ禍で、当たり前のスタートが切れなかった学生さんたち、だけれど、情報を取りに行きピンッ!ときたものに一歩踏み出した行動力はさすがです。…

【マホロバ】”ふぞろい”を楽しむ場。プロジェクト始動!

「おらがカフェ・マホロバ」加藤さん、志村さん、佐野さんと。 古民家で「農」と「食」を通して人と人とが出逢う場に このたびご縁をいただきAtoZは、山梨県南都留郡西桂町の古民家「おらがカフェ・マホロバ」のコミュニティづくりのサポートをさせていただ…

【ぽかぽかキャンプ】2日目は座談会!都留文生、障害のある大人たちで考える地域の居場所づくり!!

「ぽかぽかキャンプin都留」2日目は、特別支援学校・普通の公立小学校の先生でもあるぽかぽかキャンプのスタッフと、都留文科大学で特別支援や地域コミュニティに関心のある学生たち、そして「いこいのひろば」からこの地域に暮らす障害のある大人たち、が…

【ぽかぽかキャンプ】新拠点・都留で無事開催!!

障害のある子どもたちの野外活動を行う「ぽかぽかキャンプ」。6年目の今年、本拠地である山梨県富士川町を飛びだし、東部富士五湖地域の新拠点・都留市へ!!7月4日(土)宝の山ふれあいの里にて開催されました。(企画サポート:AtoZ) 感染症拡大とあいに…

【佐藤真澄さん/津軽こぎん刺し古作模様愛好家】忍耐強さ、平穏を保つ術として、今。

「こぎん刺しのどこに惹かれたの?」「あなたにとってのこぎん刺しとは?」彼女に出会ったとき、わたしは矢継ぎ早にそんな質問を投げかけたことをよく覚えている。彼女とは津軽こぎん刺しの古作模様愛好家・佐藤真澄さん(都留市)。あの日のことも振り返り…

これからの居場所づくりはできることをできる範囲で。

都留市・宝の山ふれあいの里 今日は、7月4日(土)と5日(日)に行われる「ぽかぽかキャンプ」の東部富士五湖地域の新拠点・都留市宝の山ふれあいの里にて最終打ち合わせ。雨降りしきる山の緑はより深く大きく包み込むようで、思いっきり深呼吸をしてきました…

【浩太朗ハッピープロジェクト】これは誰の想い?わたしが伝えていきたいこと

自身の想いと再会し、泣き笑いの圭子さん。とってもチャーミング。 これから私はどう伝えていきたいのか 「ウェブサイトができたからこそ、これから私はどう伝えていきたいのか真剣に考えるようになって…」とAtoZにやってきたのは、小林圭子さん(都留市)。…

【村長つづり。】地球は行動の星。どこまでも自分にフィットした行動をよろこんでくれる。

地球草 地球は行動の星。自分が動くと現実が変わる。 AtoZのサイトをつくって数日、願ってもないお話をいただいた。これが直接何になっていくのかはまだ具体的にはわからないが、体感として、大きなキッカケ、このAtoZという出向したばかりの船の方向を導い…